知ることからはじめる、歯との長いおつきあい

一般・小児歯科

一般歯科 ~虫歯治療~

一般歯科では、主に虫歯治療を行っています。虫歯から歯を守るために、まずは虫歯のことを知る必要があります。

虫歯の原因

虫歯は、歯の表面についた歯垢に含まれる細菌(主にミュータンス菌)が、食べかすから糖分を取り込み、強い酸を出すことで歯が溶ける病気です。

虫歯の進行段階

虫歯は、症状の進行によってC1~C4の4段階に分けられます。

進行段階 症状と治療方法

C1

C1

エナメル質に穴があいた状態です。痛みはありませんが、そのまま放置しておくとどんどん悪化していきます。

治療方法としては、虫歯箇所を削って詰め物をします。

C2

C2

エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が達した状態です。強い痛みはありませんが、冷たいものなどがしみることがあります。

治療方法としては、麻酔をしてから(虫歯に冒された範囲が拡大しているため)、虫歯箇所を削り、詰め物をします。

C3

C3

象牙質の内側にある歯髄にまで虫歯が達した状態です。歯根と歯ぐきの境目にある歯根膜に炎症が起きることもあります。ひどく痛み、耐えられないほどの激痛を伴うこともあります。

治療方法としては、歯を削り、神経を取る治療をします(根管治療)。

C4

C4

エナメル質の跡形がなくなり、歯髄が壊死した状態です。根の先に膿の層をつくり、周りの組織や骨を溶かし始めます。

治療方法としては、多くの場合、抜歯する必要があります。抜歯後、入れ歯治療などを行います。

早めに治療を!

虫歯の症状が進行すればするほど、その治療方法は大がかりになっていきます。少しでも歯に違和感や気になることがありましたら、当院に気軽にご来院ください。

小児歯科 ~虫歯予防~

小児歯科では、お子様の歯の治療や予防処置などを行っています。歯の生えはじめる乳幼児のお子様から、永久歯が生えそろう12~13歳くらいまでのお子様が対象です。

小児歯科で重視していること

「歯に対する正しい理解を、小さいときから持っていただく」ことを重視しています。そのために、「歯医者は怖いところ」というイメージを抱かせないよう、治療の際にはお子様にやさしく話しかけるよう心がけています。また、年齢などにより最適な予防方法をお選びいただき、「歯医者は楽しいところ」と思っていただけるよう日々取り組んでいます。

ふるや歯科医院の予防処置

症状が進行した虫歯は自然に治ることはありません。まずは、虫歯にならないように準備しておくことが大切です。

フッ素塗布

フッ素を塗布することで、虫歯になりにくい歯にします。また、一度脱灰した部分の再石灰化を促進するため、初期の虫歯であれば治癒させることも可能です。

シーラント

シーラント

お子様の奥歯(六歳臼歯)には、大きな溝があります。その溝には食べかすが溜まりやすく、虫歯の原因になりやすいのです。その溝を接着力のあるプラスチックで埋める処置がシーラントです。シーラントを行うことで、効果的に虫歯を予防できます。