入れ歯で取り戻す、おいしい食事と楽しい会話

入れ歯

入れ歯のタイプ

歯を多数失ってしまったときに、最もよく行われている治療方法が入れ歯です。

保険診療と自費診療

入れ歯には、保険が適用されるものと適用外のものがあります。

保険診療

保険診療

素材がプラスチック(レジン)の入れ歯です。保険適用のため、割安です。熱が伝わりにくいために食べものの温度や味を感じにくいという欠点があります。

自費診療

自費診療

保険適用のプラスチック以外の素材を使った入れ歯です。保険適用外ですので、割高です。種類が豊富で、ご要望に合ったものを選択できます。装着時の違和感が保険のものより少ないです。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯

数本の歯を失ってしまった場合に用いる入れ歯です。部分入れ歯を装着するためには、周囲の残っている歯を利用するため、入れ歯だけでなく残っている歯のメンテナンスもしっかり行っていく必要があります。

総入れ歯

総入れ歯

上下のアゴの全ての歯、あるいはどちらか一方のアゴの全ての歯が失われた場合に用いる入れ歯です。総入れ歯は歯がないため、口の中に安定させるのが大変難しいのが特徴です。

主な入れ歯のご紹介

金属床入れ歯

金属床入れ歯

床が金属でできた入れ歯です。保険適用のプラスチックよりも薄くつくることができるため、熱を伝えやすく、おいしく食事ができます。使用する金属には、チタン、コバルトなどがあります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しない入れ歯です。通常の部分入れ歯は金属のバネで固定するのですが、この入れ歯はバネがないために見た目が自然で、金属アレルギーの心配もありません。もちろん、違和感も少なくなります。薄くて軽い素材でできていますので、お口の中がすっきりします。

歯を失ってしまった方はまずご相談を

歯を失って悩んでいらっしゃる方、まずは当院まで気軽にご相談ください。